RSS の意味って?


マイクロソフト、増大するブログのトラフィックに苦慮

ブログの人気が高まるなか、そのトラフィックがインターネットの帯域幅をますます多く消費するようになっていると、批判的な立場の人々が警告を発している。

記事本文は特にどうという感想もなかったんだけど
最後の段落
「ブログ界で、省略されたRSSフィードほど苛立たしいものはない」とブロガーのSteve Mainは自身のブログに記している。「RSSアグリゲータは、自分のウェブブラウザで100件ものページを開かなくて済むようにするためのものだ。アグリゲータがコンテンツを引っ張ってきてくれるおかげで、ブラウザを1つ立ち上げるだけで文章全体をざっと眺められるのであって、RSSフィードにコンテンツ全文が含まれていなければ、RSSが本来提供している生産性向上の恩恵が受けられなくなる」

RSS ってコンテンツ全文を載せるような使い方をするもんだっけ?
RDF Site Summary でなくて Really Simple Syndication として使うとそうなるのかな?
個人的には RSS で流れてくるのは Summary だけで OK
それを見て本文を読みたくなったらそのサイトを見に行く
他の人もそういう使い方をしているもんだと思ってたが・・・

そういや、この記事の載っている CNET はニュース記事もちゃんと Summary があるし
梅田さんやレッシグ教授の blog はちゃんとSummary があるんだけど
一部の執筆陣の方は全文が RSS で流れてくるんですよねぇ・・・
なんとかならんもんですか?

# なんつってウチのは Summary でも何でもないのが入ってるワケだが<^^;;>