名球会だとかなんだとか

今年は稲葉、宮本、小久保と名球会入りとなる選手が続出したけど
今さらながら名球会ってモノ自体がどうなのか?って気がする

入会資格 
・投手として通算200勝利以上、または通算250セーブ以上
・打者として通算2000安打以上

ついでに昭和生まれ(今ならそれ以降)のみらしい
金やんが自分で色々仕切る為に昭和以前生まれを除外した
それだけで「プロ野球」に関係する組織としてマトモなモノであるワケが無い

入会資格にしても、んだったら150勝150セーブの投手はどうなんだ?
200勝300敗の投手よりははるかに資格ありそうだろう
1800安打だけど500本塁打打っていたら?
つか、打撃よりも守備の人間だって居るんだけどそれは無視かよ

そんな矛盾を延々と抱えながら何十年も経ってる
今さら金やんが自己満足のために作った団体に所属できるかどうかで
一喜一憂する必要なんか無くね?

たしかに2000本安打とかすげぇ記録だけど
それが名球会入るかどうかのためだけの数字だったら
なんか哀しくないか?

落合なんかはそういう意味も含めて名球会入りを拒否したみたいだけどね
ま、個人的な恨みつらみもあるらしいけど(笑 

プロの選手だったら結果としての数字は勿論大事だけれど
それを妙な基準で入会を認めたり認めなかったりする団体
そんなモノを認めるのはどうかね?

名球会なんていうほぼ私的な団体なんかよりも
NPBがしっかりと野球殿堂の地位を高めて
もっと栄誉のあるモノにすれば良いんじゃないかって気がする

どんなに野球界に貢献しても数字を残せなかった人間は居るワケだ
それを無視して数字のみで入会基準にしているような
ロクでもない会なんか要らないだろう