Raspberry Pi にケースを

コンパクトなRaspberry Pi、そのままでも構わないんだけど
触るトキに剥き出しだと汗やその他で水分付くかも知れないし
埃なんかがチップの隙間にでも入ったらヤだな~ってコトで
ケースをなんとかしてみようかと

と、言っても買ったりしたりではなく
購入した時に本体が入っていたプラケースを流用
流用っつっても前回書いたように、このケースには元々ツメがある
付属ケースの底面

Yの周辺がSDカードを収納するスペースで
大外の5,9,F,Kの辺りがボードを固定する為のツメ
付属ケースに収めたところ
このままの状態でもちょっと振ってみたくらいならズレない
なのでフタすればもっとしっかりした感じになるよね
ちなみに、フタした状態で振ってもカタカタとか音もしないよ

で、まぁあとは側面に穴を開けるだけ
上の画像の通りウチでは電源用のmicroUSBと
W-Fiアダプタ差す為のUSBの穴だけあればOK

電源穴
電源用穴
汚い・・・ 

USB穴
USB用穴
もっと汚い(笑

ま、簡単にアタリを付けて適当にカッターで削ってっただけだからねぇ
ホットカッターとか使ったらもっと巧くいったかもだけどね
材質的には結構脆いので少しっつ削ってくのが良い

で、フタ閉めるとこんな感じ
完成ぽい感じ

シールとか貼ったまんまなのが逆にいい感じでしょ?(笑 
サイドの封印シールが綺麗に剥がせなかったから
他は無理に剥がすのをやめたんだけどね

すげぇカッコイイケースなんかもあるみたいだけど
そんなに人に見せて回るモンでもないし
最低限の用途に足りてれば充分だからコレでOK
費用 ¥0 所要時間10分くらい
写真撮ってコレ書いてる方が時間かかってる(笑