3Dプリンタでギターピックを作ろう モデリング編

3Dプリンタなるモノを見た時に「ピックとか作れる?」とか思ったんだけど
そっから何年か経って3Dプリンタも手に入れたので
実際に自分で作ってみるコトにした

モデルにするのはコレ
20201031_025641.jpg
何十年来使ってる Ibanez の小さめおにぎりHeavy 

この写真をスキャンしてそれを元に作ってもいいんだけど
今回は1からレンダリングして作ってみる 
使用するのは前回同様にFusion 360

まずは[スケッチを作成]でスケッチ編集画面に 
ポリゴン -> 内接ポリゴン で中心から頂点までの距離が15mmの三角形を作成
GP-01.pngGP-02.png

円弧 -> 中心点円弧 で頂点から隣の頂点を半径とした円弧を描く
それをすべての頂点で 
GP-03.pngGP-04.png

ん〜、なんか丸っこすぎる
もっと長い半径で円弧を描かないとだね 
仕切り直し

補助線を描く事を前提に今度は ポリゴン -> 内接ポリゴン で六角形を作成
ひとつの頂点から対面の頂点を抜けて半径と同じ長さ、都合45mmの直線を描く 
GP-05.pngGP-06.png

3つの頂点で同じ様に描いて寸法線を消すとこんな感じ
GP-07.png

補助線の端から対面の頂点の両隣の頂点にかけて円弧を描く 
これを3つの補助線に大して行う
GP-08.pngGP-09.png

補助線を含めたすべての余計な線を消す
GP-10.png


いいじゃん

ここで[スケッチを終了]
丸めとかココでやってもいいんだけど
Fusion 360の機能を使った方が簡単なのでココではやらない

デザイン画面で 押し出し
押し出し距離は1.0mm
GP-11.pngGP-12.png

続いて頂点の丸め
フィレット の設定ウィンドウで
 タイプ : ルールドフィレット
 ルール : 面/フィーチャの間
に設定
面/フィーチャ1 で1つの側面を選択
面/フィーチャ2 でその隣の側面を選択
GP-13.pngGP-14.png

半径を2mmで設定するとすぐに反映される
上から見たトコ
GP-15.pngGP-16.png

これを3つの頂点全てに行う
GP-17.png

この段階で 移動/コピーで3つにしておく
GP-18.pngGP-19.png

左のは厚さ1mmのままにしておき、他の2つの厚さを変える
また 押し出し で真ん中のを0.5mm、右のを1.0mm押し出す
GP-20.pngGP-21.png

これで左から 1.0mm、 1.5mm、 2.0mm になっている
前からみたトコ
GP-22.png

今度は上面、下面のエッジを無くす
フィレット の設定ウィンドウで
 タイプ : フィレット
 半径タイプ : 一定半径
にして エッジ/面/フィーチャ で上面を選択
半径は厚みの半分にする
コレを下面でも行い、半径を変えて3つに対して行う
GP-23.pngGP-24.png

前から見るとこんな感じでエッジが無くなってる
GP-25.png

※実際のトコロ、1.0mmくらいでの丸めなんて気休め程度でしか無いけどね

で、出力の際にいい感じに間隔が空くように真ん中のを上下ひっくり返す
これは単に好み
GP-26.png

そしたら ファイル -> エクスポート で STLファイル(.stl)にて書き出し
GP-27.png