大相撲九州場所(もどき)

そんなワケで東京開催の九州場所ってコトで

先場所はほぼノーマークだった正代の優勝 
ほんとコレは予想していなかった 
その正代が大関昇進で三大関になってどうなるか 
横綱? なにそれ? 

と、二場所ほどさぼってた四股名辞書を更新しましたよ 

横綱は東に白鵬、西に鶴竜 
しかし、ふたりとも休場・・・ 
ここまでは前回と一緒(笑 

大関は東に12勝の貴景勝、西に10勝の朝乃山 
東の二番目に新大関の正代 

関脇は西でギリギリ勝越した御嶽海が東に、西の筆頭で10勝の隆の勝が西

小結は東の筆頭で勝越しの照ノ富士が東、東六枚目で10勝の高安が西 
照ノ富士は前回はいきなり関脇だったので初の小結 
高安は四場所ぶりの三役復帰

平幕
東五枚目だった霧馬山が東筆頭、西八枚目で11勝の若隆景が西筆頭 
どちらも当然自己最高位 
輝が西六枚目で勝越して東三枚目で自己最高位 
翔猿が東十四枚目で11勝&敢闘賞で一気に西の四枚目、自己最高位
琴勝峰が東十二枚目で10勝で西の五枚目、これも自己最高位
豊昇龍が西十六枚目で勝越して東十三枚目まで上げて連続で自己最高位 

大栄翔、隠岐の海、遠藤は三役で負け越して平幕に 
遠藤は大きく落とした 

新入幕は西十両六枚目で10勝の天空海 
再入幕は千代の国、琴ノ若、琴勇輝、千代翔馬 
千代の国は14勝で十両優勝で西十両十一枚目から一気に幕内 

十両に陥落は琴奨菊、石浦、阿炎、松鳳山、旭大星

十両
東十枚目で11勝の明瀬山が東の筆頭
西九枚目で9勝の千代ノ皇が西の筆頭
西十枚目で11勝の翠富士が一気に東二枚目、自己最高位
東七枚目で勝越しの美ノ海が東六枚目で自己最高位 

新十両はなし
再十両は貴源治、常幸龍、宇良、千代の海
宇良は16場所ぶりの十両

幕下に陥落は大翔鵬、王輝、北播磨 

幕下以下
納谷が西の筆頭で自己最高位
怪我の矢後も東の二枚目まで戻した
幕下優勝の寺沢が東四枚目まで上がった 

三段目優勝の北天海が一気に東十五枚目
貴ノ岩の甥、幕下上位でどこまでいくか

序の口、序二段と連続優勝の北青鵬が東三段目二十一枚目 
これも注目の2メートル力士


今場所は三大関と隆の勝、照ノ富士での争いになるんじゃないかと思うけど
朝乃山がなんとなくイマイチ感 
平幕で役力士に当たる霧馬山、若隆景、輝、翔猿にも期待