大相撲九州場所

まさかの白鵬引退から秋場所後すぐに発表
協会の嫌がらせのような一代年寄の獲得がならず年寄間垣となった
なんだかなぁ、協会は 

そして元十両の竜虎も引退
足首の古傷が悪化して完治の見込みが無いとのコト
残念だね

相撲辞書は日本相撲協会のサイトのデータを元にするようになったので
一部の内容が変更になって公開中です

番付
照ノ富士が名実ともにひとり横綱
先場所も13勝で優勝と盤石か

大関
東に正代、西に貴景勝と先場所と変わらず
しかし、ふたりとも先場所は8勝とギリギリでの勝ち越し
上を狙うどころかc落ちないようにしてるのがやっとか

関脇
東に御嶽海、西に明生とこれまた先場所と変わらず

小結
東は西で8勝の逸ノ城、西に西二枚目で9勝の霧馬山が新小結、新三役

平幕
筆頭は東に大栄翔、西に若隆景
この辺りは三役と上位と行ったり来たり

他は自己最高位を更新した力士も無く・・・
朝乃山はまだ西の十枚目に居るし 

新入幕は無し
再入幕は阿炎、天空海、佐田の海、松鳳山
阿炎と松鳳山は落ちた理由は違うけど7場所ぶりの幕内

十両に陥落は剣翔、一山本、千代ノ皇、徳勝龍


十両
筆頭は東に陥落の剣翔、西に若元春で自己最高位更新
西二枚目の魁勝、西三枚目の武将山、東四枚目の錦富士もそれぞれ自己最高位更新

新十両は寺沢改め朝乃若、平戸海
再十両は荒篤山
朝乃若は現若松親方の四股名だし期待も大きいかな?

新十両じゃないけど北青鵬は先場所はコロナの影響で部屋が休場なので
今場所は番付据え置きで改めて初めての十両の土俵

十両から陥落は貴健斗と先場所の新十両朝志雄
貴源治の穴があったんで3人上がって2人落ち


幕下以下
上位では琴裕将、對馬洋、北の若、深井、欧勝海、大辻が自己最高位更新
幕下十五枚目格付出の欧勝馬(デルゲルバヤル)がどのくらい勝てるかに期待
まだ無敗・三段目優勝の藤青雲も西の十七枚目だし今場所の成績次第では来場所に十両をねらえそう
納谷も幕内に昇進

序二段優勝の日翔志が西三段目六十三枚目
序の口優勝の瀬戸の海が西序二段十五枚目

今場所も照ノ富士が大本命で対抗は・・・居ないね
役力士は潰し合いになって今場所も平幕力士が優勝争いに絡むんじゃないかな?
霧馬山が調子良さそうなんで抜け出たら大穴?