タグ「Apache」が付けられているもの

宮川達彦氏のPodCastであるRebuild FMの124回で話題になってたLet's Encrypt
ちょっとウチのサーバで試してみた

Let's Encrypt 公式
Let's Encrypt 総合ポータル 有志による?日本語サイト

Let's Encrypt とは

Let's Encrypt は、認証局(CA)として「SSL/TLSサーバ証明書」を無料で発行するとともに、証明書の発行・インストール・更新のプロセスを自動化することにより、TLS や HTTPS(TLSプロトコルによって提供されるセキュアな接続の上でのHTTP通信)を普及させることを目的としているプロジェクトです。
非営利団体の ISRG(Internet Security Research Group)が運営しており、シスコ(Cisco Systems)、Akamai、電子フロンティア財団(Electronic Frontier Foundation)、モジラ財団(Mozilla Foundation)などの大手企業・団体が、ISRG のスポンサーとして Let's Encrypt を支援しています。
Let's Encrypt の「SSL/TLSサーバ証明書」は、独自ドメインの所有者であれば、誰でも簡単に、無料で取得することができ、商用サイトでの使用も可能です。導入方法については Let's Encrypt の使い方 をご覧ください。

ちょっとイカした例文


ちょっとCRONTABの日時指定を調べてたんですが・・・

原文

# use /bin/sh to run commands, no matter what /etc/passwd says
SHELL=/bin/sh
# mail any output to `paul', no matter whose crontab this is
MAILTO=paul
#
# run five minutes after midnight, every day
5 0 * * * $HOME/bin/daily.job >> $HOME/tmp/out 2>&1
# run at 2:15pm on the first of every month -- output mailed to paul
15 14 1 * * $HOME/bin/monthly
# run at 10 pm on weekdays, annoy Joe
0 22 * * 1-5 mail -s "It's 10pm" joe%Joe,%%Where are your kids?%

23 0-23/2 * * * echo "run 23 minutes after midn, 2am, 4am ..., everyday"
5 4 * * sun echo "run at 5 after 4 every sunday"

和訳

# (/etc/passwd の指定に関らず) コマンド実行に /bin/sh を使用する。
SHELL=/bin/sh
# (この crontab の所有者に関らず) あらゆる出力を `paul' にメールする。
MAILTO=paul
#
# 毎日、日付変更の 5 分後に実行する
5 0 * * * $HOME/bin/daily.job >> $HOME/tmp/out 2>&1
# 毎月初日の 2:15pm に実行する -- 出力は paul にメールされる
15 14 1 * * $HOME/bin/monthly
# 平日の午後 10 時に実行してジョーを心配させる
0 22 * * 1-5 mail -s "午後10時だ" joe%ジョー、%%お前の子どもはどこだい?%

23 0-23/2 * * * echo "毎日 0,2,4..時 23 分に実行する"
5 4 * * sun echo "日曜 4 時 5 分に実行する"

アメリカン・ジョークってヤツですか?<^^>